前へ
次へ

腰痛の種類によって対処が異なります

腰痛にもいろいろあり、まずばくぜんと「腰痛症」と診断されることがあります。「骨や椎間板に異常はないものの腰が痛い、重い」というものです。これは日常生活での習慣や姿勢を変えることで予防できたり、和らいだりします。それから有名なのがぎっくり腰でしょう。これは痛みが激しいので日常生活に支障が出ますし、人によっては起き上がれなかったりします。特に医者にかからなくても一週間程度で痛みが収まるので、安静が第一です。あまり体を温めると症状がひどくなるので痛みがあるうちは長湯をやめたり、寝るときも横向きの姿勢をとると早く楽になります。あとは椎間板ヘルニアも有名です。これは椎間板に亀裂が入ることで起こるので症状も長く、場合によっては手術や注射などの治療をすることもあるでしょう。ただ、長い期間安静にしていれば自然治癒も可能ではあります。長く続く腰痛は脊椎の炎症などの場合もありますし、内臓の病気が腰への痛みになっていることもありますので気をつけましょう。

Page Top