前へ
次へ

腰痛を防ぐためにしておきたいこと

年をとると体のあちこちが若い頃と違って自由に動かなくなったり、思いもしない方向で傷んだりします。腰痛も典型的な加齢によるものと昔は考えられていましたが、農作業や特定の仕事で腰を使いすぎたり、同じ姿勢をずっと続けることでかかる現代病だとわかり、対策も容易になりました。ただ、デスクワークが多い現代人にとって、腰痛の危険を完全に避けることはできません。要するに同じ姿勢をとりつづけたり、重い荷物を無理やり持ったりすることがあまりなければ腰痛にかかる可能性は低くなるわけで、そうした原因からつぶしておけば恐れることはありません。一般的には特定のスポーツをする人も腰を痛めることがあり、そのスポーツを通じて腰をひねったりしないよう注意をする必要があります。加齢と共に人間の体は無理がきかなくなり、ちょっとしたことで腰痛になることは珍しくありません。それをしっかりと理解した上で毎日の生活を気を付けながら送ることが何よりも大事です。

Page Top